腎臓病食なら宅配が便利|健康を取り戻す秘訣

満足度の高い病食

ご飯

腎臓病食の宅配のクオリティも高く、味や見た目など、病院での味気無さに不満を感じる疾患患者から評価されています。ローフードに品を置き換えるだけではなく、バランスも重要で、献立として成立している病食も宅配利用できます。

もっと見る

優れたバランスの食事を

日本食

食事制限として腎臓病食を摂っている方のなかで、自分で制限するのが難しいと感じる方は病食の宅配サービスを利用しましょう。栄養バランスがしっかり考えられている上に、和洋中様々なバリエーションがあるので、楽しく健康的な食生活が過ごせます。

もっと見る

食事で健康を取り戻そう

レディ

安心して完食

腎臓は、簡単に言ってしまうと身体の老廃物を濾過する臓器で、非常に重要なはたらきをしています。腎臓の機能が衰えると、身体の老廃物が排出できず、血液が汚濁したままになって身体全体に不調が現れてしまいます。腎臓病は自覚症状がほとんどなく、気づかないうちに進行する怖い病気です。血液検査の結果、危険レベルになった人は、すぐに毎日の食事を改める必要があります。腎臓病の患者とその予備軍が気をつけるべきは、高たんぱく質、高脂質の食事です。これらは症状を悪化させます。病食の宅配業者は、腎臓病食の宅配も扱っています。腎臓病食の宅配業者を利用すると、日々の食事の準備が楽になるだけなく、安心して完食することができます。

管理栄養士が計算

腎臓病食では、たんぱく質や脂質の他に、塩分摂取量も制限する必要があります。塩分濃度が高い食事は、腎臓への負担を増加させるので注意が必要なのです。腎臓病では、配慮すべき点が多いために、ある程度の献立作りや調理に対する専門知識が必要になります。高たんぱく高脂質にならない食材の選択、塩分を制限した味付け法などを工夫しながら、何年も腎臓病食を作り続けなければなりません。面倒になったり、知識不足でマンネリ化した食事に陥ったり、低たんぱくで骨や皮膚が老化したりする事例もあり、素人が腎臓病食を作る難しさが伺えます。専門業者の宅配なら、管理栄養士がたんぱく質や脂質、塩分をしっかりと計算し、身体に必要なたんぱく質を確保しながら食事を提供しています。味付けにも酢やレモン汁を使うなどの工夫で、飽きさせません。

手間が省ける

食事

腎臓病の治療には、腎臓病食による食事療法が欠かせません。ただし、栄養バランスに配慮した食事の変更は難しいので、専門業者の宅配サービスの方が安全性は高くなります。食事を提供する営利活動ですから、美味しい食事が続けられます。

もっと見る