満足度の高い病食|腎臓病食なら宅配が便利|健康を取り戻す秘訣

腎臓病食なら宅配が便利|健康を取り戻す秘訣

満足度の高い病食

ご飯

置き換えよりバランス

近年、透析を必要としないまでも、腎臓病を患う方は増加傾向にあり、改善には生活習慣の見直しが重要視され、運動と食事療法が提案されています。食事に気を配ることが、生涯にわたり透析を不要とすることに繋がるため、自己管理が問題視されています。最近では、自炊で食べたい料理を作る独身者は増え、腎臓病食の宅配サービスも専門業者から提案され、話題を集めています。ポイントは病院などの医療機関で導入されている・腎臓病食に精通している業者であるなどです。腎臓病と一口に言っても慢性腎炎や腎不全までレベルがあり、厳守となる栄養制限がかかっている場合も挙げられます。宅配食には、たんぱく調整となる食品が目立ちますが、例えば、病食を主に扱う宅配を利用して低たんぱく質のパンに置き換えた場合にも注意点があります。パンの一例として、焼きそばやカツなどのたんぱく質多めの具材をサンドすることで過剰摂取に繋がりやすく、安易なローフードへの置き換えにこそ注意が必要です。

ニーズにあわせた病食

腎臓病を患っている場合、腎臓の働きや症状に応じた食事療法が医師から指示されます。たんぱく質を中心に、エネルギー・食塩・カリウムなど、腎臓に負担をかけない摂取量の指示で腎臓病食を自炊するのが一般的です。もちろん、入院中では栄養管理のもと、疾患に応じたバランスの良い献立が提供されています。ダイエット同様、ツラい食事制限を強いられる場合もあり、腎臓病宅配食が注目されています。食べたい時に好みの食品をチンするだけなど、腎臓病食に見えない満足度も得ることが可能です。病食のレパートリーは自炊であれば無限に広がるものの、医療機関では万人ウケする献立が意識されているのが特徴です。ジャンクな食べ物が食べたい時にも、ニーズにあわせた宅配食は満足度が高く、また疾患ごとに食事療法も異なるために便利に使うことに注目が集まっています。例えば、腎不全の場合には0・1g単位での厳しいたんぱく質制限がかかります。こうした場合でもエネルギー源として、炭水化物やでんぷん類で調整した内容でも提供してくれます。